Jag är inte rädd för mörkretトラックリスト

Kentの新譜、「Jag är inte rädd för mörkret」の
トラックリストが本日公式で発表になりました!
1. 999
2. Petroleum
3. Isis & Bast
4. Jag ser dig
5. Tänd på
6. Beredd på allt
7. Ruta 1
8. Färger på natten
9. Låt dom komma
10. Hänsyn
以前、DLのみでリリースされたけれど、
日本ではDLできなかった「2000」が入るかと思ったけど、入らなかったね。
さきほどTwitterでも呟きましたが、
昨日の「ニオ×3」が、「トラ」とか「Du & jag döden」の頃の音に近いと書きました。
何気なく調べてみると今回のアルバム、
「Du & jag döden」とか、その前後のシングルやEPをプロデュースした
Stefan Bomanに戻っています。
「TTS」と「赤」はJoshuaと言う人で、「太陽」はJoshuaが数曲関わっていますがStefan Boman。
「döden」前後のKentと言えば、出すシングルのカップリングが、
どれも神懸かり的に良かった頃。
これは期待できるかも知れないな〜〜〜♪
Kentはタイトルに数字が入ってる曲は大抵名曲の法則があります。
400 slag
10 minuter (för mig själv)
18.29-4
2000
747
Längtan skala 3:1
Mannen i den vita hatten (16 år senare)
Max 500
Revolt III
VinterNoll2
どうよ、文句ないっしょ?!w
「ニオ×3」も名曲の仲間入り確定です!!

Jag är inte rädd för mörkretトラックリスト” に2件のコメントがあります

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    999、素敵ですね!!!
    確かにあの妙な暗さは出てませんが、何よりスウェーデン語の不思議感が戻った感じがします!英詩で作ってたらあんなメロディーかけないと思います。もちろん、kentでなければ!
    しかしスウェーデン語の文字を見てると、これがドイツ語に似ていると言われてもなかなか納得は出来ないかもです。笑(たしかに似ている部分はありますが…)

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ちょっと明るくなりましたよね、「999」
    しかし「太陽」はそうでもなかったけど、「TTS」と「赤」のピコピコ感が陰を潜めて、
    Kentが帰ってきたなーと言う感じがします。
    ああいうエレクトロっぽい音、嫌いじゃないけどKentである必要ないんですよね〜。
    「999」もいいですが、無料ボーナストラックの「Ett År Utan Sommar」が
    予想の遥か上の良さで泣けます。
    スウェ語とドイツ語が似てるのは文法だけってことですかね。
    発音もあんまり似てないしなぁ。
    そもそも比べられるほどどちらも分からないというのが残念で仕方ありません凹

コメントする