Avskedsturnén 16 december Tele2 Arena Stockholm

最初で最後のKentのライブレポです。
本当はカッコよく文章で書きたいのですが
どう頑張ってもうまくまとめられそうもないので
3曲(3つ)ずつ選んでいくことにしました。

<視覚的演出がかっこよかった3曲>
・Egoist
・Ingenting
・Dom andra

ステージの後ろの9分割されたスクリーンに映るメンバーが神々しかったEgoist。
赤い光で縁取られたメンバーの楽器がスクリーンに映し出されるIngenting。
どちらもとてもオシャレでした。
Dom Andraは会場を照らすピンクのライトと、
事前に知らされてインストール済みのスマホアプリが
曲と連動して点滅して、キラキラしていて元の曲と全然印象が違いました。

<CD音源もそこそこだけどライブが思いの外よかった3曲>
・Jag ser dig
・La belle époque
・Dom andra

この3曲、そこまですごく好きな曲というわけでもなかったのですが
ライブで聴くとしっかり盛り上がる曲でした。
特に視覚的にもかっこよかったDom AndraはアレンジがCDとやや違って
それがまたよかったです。
「Vapen & Ammunition」は全体的にどんより重いイメージのアルバムですが
ライブのDom Andraは音が尖がってて、印象がまるで違いました。

<粋な演出3つ>
・開演30分前からのカウントダウンで一瞬赤く光る7:47
・ライブ開演1曲目のGigi
・スマホにインストールした公式アプリが曲と連動して会場中が光り輝く

7:47の瞬間をカメラに収めたかったけれど
私の席から撮影するとただ光ってるだけで何が何やら全く分かりませんでした。
残念。
やはり7:47が表示されると会場がわあっと沸くんですね。
私がなぜ「747」に拘るのか分からない人もいると思うけど
あの場では皆が同じように「747」に拘っていたわけです。

<衝撃だったこと3つ>
・フェスではなく単独公演でアリーナがオールスタンディング
・CDでは儚げな「Innan allting tar slut」が強そうだった
・この期に及んで新曲?!

ライブ中に撮影した動画や画像を見た友人が
「メタリカっぽい」
結構燃えてるし、真っ赤だし、稲妻も光ってるし
CDを聴いていて感じる儚さとか暗さとかあんまり感じませんでした。
「Innan allting tar slut」はアレンジも
背景のホワイトタイガーも強そうでした。
CDだと今にも消えてしまいそうな儚さがあるのに、無縁だった…
この曲に関してはCDがいいなぁ、あの繊細さが好きなんだよな。

<Tele2他の2日も行きたかったと思った3曲>
・Stoppa mig juni (Lilla ego)
・VinterNoll2
・Socker

私の愛するStoppa mig juni (Lilla ego)
何とストックホルムTele2 Arena3日間の内、
私が行った16日だけなかったという悲劇に見舞われました。

つ ら い

<それでもこの曲を聴けばこの世に思い残すことはない3曲>
・Utan dina andetag
・747
・Mannen i den vita hatten (16 år senare)

この3曲に関して、今更私なんぞが何を語ることがあるでしょうか。

最後に、今回のライブで私が「この曲が一番よかった!」と思った曲。

・Var är vi nu?

この曲、決して一番好きな曲を選べと言われても
パッと浮かぶ曲ではなく、派手さも皆無なのに、
不思議な魅力があるようです。
音楽で癒されるとか聴いていて落ち着くとか
そういうことを言うのは嫌いなのですが
この曲は本当に癒される感じがします。
恐らく演奏するメンバーをワンカットで撮影したPVの影響もあるでしょう。
浮遊感と穏やかさに満ちた淡い音が
Tele2 Arenaを、そして冷え切った(身体的な意味で)私を
暖かく包み込んでくれるような感じでした。

セットリスト。

Gigi
999
Thinner
Berg & Dalvana
Romeo återvänder ensam
Var är vi nu?
Hjärta
Andromeda
Egoist
Den döda vinkeln
Vi är för alltid
Innan allting tar slut
Den vänstra stranden
La belle époque
Ingenting
Kärleken väntar
Vinter17
Jag ser dig
Musik Non Stop
Utan dina andetag
Sverige
747

Encore:
Förlåtelsen
Dom andra
Mannen i den vita hatten (16 år senare)

Encore 2:
Den sista sången

親切な方がこの日の動画をアップしてくれています。
所々地味にカットされていますが、ほぼフルで上がっています。
セットリストもこちらからいただきました。

また切れ切れですが、私も少しだけ動画を撮ってきたので
ご興味あればどうぞ。

それと画像も3枚ほど。
Tele2 Arena入口。

開演前の様子。カウントダウンはまだ始まっていませんでした。

Sverigeのときの観客席。

Kentの人生最初で最後(かもしれない)ライヴから帰ってきて
そろそろ1か月過ぎようとしていますが、色々消化できないままです。
やはり2000年代に入った辺りからずっとKentを好きで
新しい曲を楽しみに生きてきたので
もうそんな楽しみがないのかと思うと憂鬱で仕方ありません。
肺を片方持っていかれたような気がします。

もしもライヴに行かなかったら、
Kentがもうこの世界に存在しないという実感もなく
曖昧なままでいられたのかもしれないなぁと思います。
行ったからこそKentのいない世界が詰まらなく感じるのかもしれない。
行かない方がよかったのではなかろうかという考えがよぎることもあります。

でも行かなかったら自分が死ぬときに
世界で一番好きだったバンドのライヴを一度も観られなかったという
死んでも死にきれないような未練を断ち切れないままだったかも。

「チケット取れたら行く」でチケット争奪戦に挑み
Tele2 Arenaで唯一Stoppa mig juni (Lilla ego)がなかった日とはいえ
ちゃんとチケット取れたんだから、
きっと行かなきゃならなかったってことですね。

エスキルストゥーナでのあれこれも
また改めて書くことにします。
具合が悪かったこともあり、余りゆっくり滞在できなかったので
ネタはちょっと少なめだと思いますが。

Avskedsturnén 16 december Tele2 Arena Stockholm” に2件のコメントがあります

コメントする